2006年07月11日

ふろしき活用術

昔から、ものを包むために様々なシーンで用いられてきたふろしき。
一枚の布が色んな形になり、包み方を覚えるのが楽しくて最近はまっていますぴかぴか(新しい)
エコロジーで、おしゃれで本当にオススメです!!
最近は、可愛いふろしきが店頭にたくさん並んでいるので皆さんも一枚いかがですか?? 


ふろしき.jpg

最近購入した一番大きい、ふろしきです。
重箱用に長く使おうと思い、ちょっと渋めの柄にしました。
綿100%。包み方は「バスケット包み」といいます。
中には重箱が入っています♪バックとしても使える包み方で
重箱を入れたら粋な感じで、私は気に入りました。

ふろしき2.jpg

これは「巻き包み」といい、円筒形のもの包むときに便利です。
ためしに、子供の水筒を包んでみました。


ふろしき3.jpg

これは「りぼん包み」という包み方です。
プレゼント用の包み方として人気があるのだとか。



まだまだ、色んな包み方があります。日本人の素敵な風習を大切に
していきたいですねかわいい
posted by まきちゃん at 03:24| 広島 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 2006-2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まきちゃん、早速やってみたんだね。
ステキです♪
練習しておかないといざ使おうとしたときにつかえないもんね。わたしも練習しようっと!
Posted by わい at 2006年07月11日 05:26
ふろしきって、普段よく持ち歩いてるけど、包み方のバリエーションって知らなかったな〜。
包み方次第で、こんなにおしゃれになるんだね。
また今度教えてください(^^)

Posted by Rei at 2006年07月11日 06:13
すごい!綺麗だし、上品ですね。包み方私も教えていただきたいです。
Posted by もえぴー at 2006年07月11日 11:08
おお、素晴らしい風呂敷ですね。

私も風呂敷の現代性について、はや7年、大学の授業でフリシキパフォーマンスをして、風呂敷の便利さを紹介していますが、なかなか広まりません。
軽くて、折り畳めて、洗濯できて、何でも包める優れものがFuroshikiですね。
お友達を、Furoshiki Cafeにおつれくだされ。

Posted by 京女の森の案内人 at 2006年07月12日 09:20
京女の森の案内人さん☆

ブログを見ていただいて嬉しかったです〜♪
フロシキパフォーマンスをされているベテランの方に初心者の私の包んだ画像を見ていただくのは恥ずかしい気もしますが、初心者なりに頑張ってます☆
ふろしきって本当に素晴らしい!!
大学生が、もっともっとこの素晴らしいふろしきに目覚めて欲しいなぁ***
パフォーマンスを見れるなんて羨ましい限りですよ。
友人にも、紹介しますね♪
Posted by まき at 2006年07月13日 03:44
わいちゃん、れいちゃん、もえぴー☆

ありがと!!バック包みは、かなり時間がかかったけど覚えたら
簡単だから是非ぜひ試してみてね♪
もっと、包み方をマスターして「ふろしき」を
広めていきたいです☆ 今度、一緒に包みましょう。
Posted by まき at 2006年07月13日 03:49
 すごいねぇ〜 風呂敷ってこんな風に色んな包み方ができるなんて知らなかった。 私は1枚ももってないけど牧さんの見て欲しくなってきた♪ 不器用な私にもできるかしら??(笑)
Posted by あや at 2006年07月13日 14:57
あやちゃん☆
だいじょぅぶ♪慣れれば簡単だよ☆
デパートの和装コーナーでも色んな可愛い柄の
ふろしき扱っているよ。私の選んだ柄は渋めだけど、また可愛い柄ものも欲しいなと。
値段も、2000円から3000円で大きいものが
買えるのでお手ごろだよ☆綿のふろしきを
お勧めします♪
Posted by まき at 2006年07月14日 04:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20602269

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。